本化妙宗とは?   教義と概略   初心者向ご案内
妙宗初心者の為のアドバイス
 こちらでは、本化妙宗にご興味を頂いた入門者の方の為に、最初の第1歩となるべき道標をご案内しています。

 まず、初心者の方が初めてこのホームページを訪れ、「本化妙宗とは?」「教義と概略」などのページをお読みになっても、恐らく非常に難解であるという感想を抱いてしまう事でしょう。
 そうなのです! 本来、日蓮聖人の宗教は非常に難解な物なのです。本化妙宗連盟ではこの難しさを次のように説明しています。
解りやすい宗教は迷信です
 例えば、ただ闇雲にお題目を唱えれば良いだとか、ひたすら座禅を組めば成仏できるだとか、お布施の金額が高いほどエラいなど…
  以上のような宗教が、果たして本来の信仰と呼べるべき物でしょうか。布教する目的の為にだけ、解りやすくカンタンな様に見せかけ、本来の聖典を掻い摘むどころか、極めて勝手な誤りの解釈を重ねた宗教に、どれほどの価値がありましょうか。
現世利益を唱える宗教は迷信です
 当連盟では、「本化妙宗」の信仰により、例えばお金が儲かるだとか、病気が治癒したなどといった、俗に言う「ごりやく」が得られる事は一切無い、と明言しております。
  日蓮聖人の宗教について正しく学び、心底深く納得し、そしてその教義をご自身の人生に活かして行かれるという事こそ、本来の信仰というべきものであり、そこから得られるものこそ、真の御利益といえるのではないでしょうか。
法華経・日蓮聖人の宗教は難信難解です
 本化妙宗連盟では、偉大なる本化上行大菩薩であらせられる日蓮大聖人の、せめて足下にでも辿り着きたいという信仰心旺盛な会員が結集し、博学で熱心な講師陣のもと、日蓮聖人の宗教(=本化妙宗)の理解を少しでも高め、自らの人生に活かし、世界の為に貢献しようと、講師と会員が一体となり研鑽と修業を重ねております。
本化妙宗の理解の為に
 さて、前項にて非常に難解な宗教であると述べましたが、その難しい本化妙宗を少しでも多くの方にご理解頂く為、本化妙宗連盟では様々な活動を行っており、初心者の方が理解を深めていただくために、次のような手段と方法を提供しております。
書籍を読んで理解を深める
 本化妙宗連盟所轄の師子王學会出版部では、高橋智遍先生をはじめ、諸先生方の解りやすい法華経と日蓮聖人の宗教を解説した本を出版しております。
 初心者の方にお奨めの書籍として、
・何故宗教は必要か(¥800)
・お題目を唱える意義(¥800)
・死後はどうなる(¥1,200)
 などがございます。当ホームページにて通信販売も取り扱っておりますのでご利用下さい。
書籍一覧・通信販売
講習会・法話会に参加してみる
 全国各地において、本化妙宗連盟主催の様々な講習会を執り行っております。書籍だけでは得る事の出来ない、講師先生方の「生」の講演を聞く事が出来ます。
 尚、ほとんどの講習会は無料で受講する事が出来ますので(宿泊を伴う講習会など、一部有料の場合があります)、ご近所にて開催される際には、一度足を運ばれてみる事をお奨めします。
 講習会などの開催スケジュールについては、以下にご案内しておりますのでご確認下さい。
近日開催の行事予定
 また、全国各支部において独自に講習会・勉強会等を開催している場合があります。併せてご確認下さい。
全国の支部・施設
月刊「妙宗」誌を購読する
 本化妙宗連盟の機関誌である月刊「妙宗」誌では、毎号毎月、法華経の解説や、日蓮聖人の聖訓解説、日蓮教学の解説、そして宗教より観た社会批評、信仰体験記などを満載してお届けしております。年間4,800円(送料込)にて、毎月郵送にてお届けいたします。初めての方にも解りやすい内容の冊子ですので、入門者に最適です。
月刊「妙宗」のご案内
全国各地の支部の協力を得る
 日本全国各地に本化妙宗連盟の支部が拡がっております。もし、お近くに支部がございましたら、理解を深めるために協力をお願いする事も一つの方法かもしれません。こちらに全国の支部一覧が掲載しておりますのでご確認下さい。
全国の支部・施設
 また、ホームページ上には掲載しておりませんが、支部以外にも「連絡所」として、全国津々浦々に本化妙宗連盟の拠点がございます。各支部や連絡所の紹介をご希望の場合は、本化妙宗連盟本部までお電話にてお問い合わせください。
本化妙宗聯盟本部 :0467−22−5861
誤った信仰に陥らない為に・・・
 昨今はインターネット技術が発達し、自宅に居ながらにして様々な情報を手に入れる事が出来るようになりました。日蓮聖人の事柄に関しても、ホームページ、掲示板、ブログなどで様々な情報が得られる事と思います。
 しかし、初心者の方にとって、それら情報の真偽性を判断する事は極めて困難であり、場合によっては、誤った信仰の道に陥ってしまう原因ともなりかねません。
 インターネットも便利な道具ではありますが、日蓮聖人の宗教の真の理解の為に、前記した、書籍や講習会などの手法にて地道に勉強される事をお奨めします。
▲ページのトップへ
(C) Copyright 2000-2016 Honge Myoushu Renmei. All Rights Reserved.